So-net無料ブログ作成
本、アート、音楽、映画、お笑い、CMなどなどで
感じたことをまとめておきたいなぁと思い、備忘録として綴っています。
ブログについて&お願い(クリックで該当記事が別ウィンドウで表記)
および、作品を大切にしましょう(クリックで該当記事が別ウィンドウで表記)
とあわせてご覧頂ければと思います。
作品にラヴ[揺れるハート]なので!!!
ステキな作品に出逢えますように[揺れるハート]

☆写真、ロゴの多くは商品ページ、公式サイトへリンクしてます。
本は、目次(作品名50音順&著者名50音順)を作りました。
著者名50音順→☆コチラ/ 作品名50音順→☆コチラ

邂逅の森 [本]

【送料無料】邂逅の森 [ 熊谷達也 ]
邂逅の森
熊谷達也
出版社:文藝春秋

志茂田景樹さんの『黄色い牙』とは
また違った味わいがあってすばらしい。
これぞ直木賞!!!


【作品紹介/出版社サイトより】秋田の貧しい小作農に生まれた富治は、伝統のマタギを生業とし、獣を狩る喜びを知るが、地主の一人娘と恋に落ち、村を追われる。鉱山で働くものの山と狩猟への思いは断ち切れず、再びマタギとして生きる。失われつつある日本の風土を克明に描いて、直木賞、山本周五郎賞を史上初めてダブル受賞した感動巨編!

ぐいぐいひき込まれ、
富治の人生を一緒に歩んでいるかのように興奮して読んだ。
私たちが忘れている、自然との関わり方や、
物事に対する“不思議な力”を教えてくれるような作品。

自分の力ではどうすることもできないことが世の中にはある。
自然、運命、時代、時間、想い、他者からの行為…。
そんな諸々のことに揉まれながらも自分で道を切り開く。
そんな富治の生き方がとても力強い。
気力をもらえる一冊。

どうしてこんな時まで、お偉いさんはぴんぴんしていて、下働きの者だけが酷い目に遭わなくてはならないのか P.271

人間てのは、お天道様と一緒に生きていくべき生き物だって、俺ぁ思うんだ。今までさんざん日陰を歩いてきた俺だけどよ、お天道様に逆らった生き方をしちゃあ、ろくな死に方が待ってねぇ。    P.281

博打ちゅうもんは、賭げでみねば、どんな目が出はるか、最後までわがんねえもんだすけ P.366

己(ルビ:おの)が手で生き物を殺すということがどういうものか、獣を獲って金に換えるということがいかなるものか、敬二郎にも身に染みてわかったはずだ。 P.402

獣が棲まねえ森は、見た目が森でも、もはや森ではねえ P.468

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。