So-net無料ブログ作成
本、アート、音楽、映画、お笑い、CMなどなどで
感じたことをまとめておきたいなぁと思い、備忘録として綴っています。
ブログについて&お願い(クリックで該当記事が別ウィンドウで表記)
および、作品を大切にしましょう(クリックで該当記事が別ウィンドウで表記)
とあわせてご覧頂ければと思います。
作品にラヴ[揺れるハート]なので!!!
ステキな作品に出逢えますように[揺れるハート]

☆写真、ロゴの多くは商品ページ、公式サイトへリンクしてます。
本は、目次(作品名50音順&著者名50音順)を作りました。
著者名50音順→☆コチラ/ 作品名50音順→☆コチラ

アラブ・エクスプレス展:アラブ美術の今を知る [アート]

アラブ・エクスプレス展:アラブ美術の今を知る
@森美術館
会期:2012年6月16日(土)-10月28日(日)

http://www.mori.art.museum/contents/arab_express/

クスッと笑えるものや、
考えさせられるもの、
私たちのもつ固定概念を覆されるもの、
多岐にわたっていて興味深かった。


今、世界中で熱い注目を集めるアラブの現代美術
急速に変化を遂げるアラブ世界は、生活習慣からアイデンティティに至るまで決して一括りには語れない文化の多様性を持っています。アーティストたちは、その中に息づく伝統、信仰、慣習、気候風土に由来する独特の美意識や、人々の日常生活と社会の現実を、さまざまな美術表現を通して鮮やかに映し出しています。
また、ここ数年、欧米の美術館ではアラブ現代美術を紹介する展覧会が頻繁に開催され、アラブ世界においても、ドーハ(カタール)にマトハフ・アラブ近代美術館が開館(2010年)、アブダビ(アラブ首長国連邦)にはルーブル美術館とグッゲンハイム美術館が建設中であるなど、アート産業が成熟しつつあります。日本で初めてアラブの現代美術に焦点を当てる本展では、アラビア半島を中心としたアラブ諸国のアーティスト34組を紹介、その一端をいち早くリポートします。 森美術館企画展HPより




“アラブの美術”というとアラベスクだったり、アラビア文字のカリグラフィー、
という緻密な装飾と色彩美、のイメージがほとんどだと思う。
そして、イスラム教徒、砂漠、ターバン、ヒゲ…といったイメージが強い。
それはアラブ諸国のほんのわずかな一部分でしかない、
ということを思わせる作品が多い。
出展しているアーティストたちはそのことを意識しているのか、
あえてその記号的なものを見せ、よくよく見ると実は…!というような、
ギャップを示すものが印象的だった。
私たちがいかに型にはまった見方をしているかを問われている気がする。

特に印象的だったのは以下の3作品

アトファール・アハダース(3人の男性アートグループ)
《私をここに連れて行って:想い出を作りたいから》
プリクラのように、写真に特殊効果を施す写真スタジオがレバノンでは流行っているらしい。
こってこての合成写真にまず笑う。
中東はじめ、さまざまな観光地(日本も)がミックスされた場所で、
満面の笑みでポージングするアーティスト。
彼らがいるのはどこか?そこは本当に存在するのか?
彼らも本当に存在するのか?

マハ・ムスタファ
《ブラック・ファウンテン》
ぽこぽこと絶え間なくわき上がる、黒い噴水。
汚染水?原油?それとも我々の心に蠢く邪な何か?

シャリーフ・ワーキド《次回へ続く》
約40分間のビデオ作品。アラビア文字と銃がデザインされた緑の旗の前で
銃を目の前に置いて男性が何かを読んでいる。
ぱっと見た瞬間、私たちが連想するのはテロ犯による犯行声明ではないだろうか。
しかし、俳優の男性が語っているのは『千夜一夜物語』。

言葉がわかって、彼が何を言っているのか理解したとしても、
最初の印象は変わらないだろう。
日章旗の前で軍服に身を包んだ日本人が
真剣な顔で『日本昔話』を朗読しているようなものかしら。

視覚からの情報でほとんどのものを判断してしまうことが多い中で、
他の感覚を研ぎ澄ますことを私たちは怠っている気がする。
私たちは見えたものがすべて、見えるものしか信じない傾向にある。
目で見えているものなんてほんのわずかなのにね。
…という言葉を私はここ数年頻繁に書いたり言っている気がするワ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。