So-net無料ブログ作成
検索選択
本、アート、音楽、映画、お笑い、CMなどなどで
感じたことをまとめておきたいなぁと思い、備忘録として綴っています。
ブログについて&お願い(クリックで該当記事が別ウィンドウで表記)
および、作品を大切にしましょう(クリックで該当記事が別ウィンドウで表記)
とあわせてご覧頂ければと思います。
作品にラヴ[揺れるハート]なので!!!
ステキな作品に出逢えますように[揺れるハート]

☆写真、ロゴの多くは商品ページ、公式サイトへリンクしてます。
本は、目次(作品名50音順&著者名50音順)を作りました。
著者名50音順→☆コチラ/ 作品名50音順→☆コチラ

【映画】おいしいコーヒーの真実 [映画]

おいしいコーヒーの真実 [DVD]おいしいコーヒーの真実
販売元:アップリンク
監督:マーク・フランシス ニック・フランシス
出演:タデッセ・メスケラ、他

コーヒーチェーンが乱立して、
日本人でも朝からコーヒー、という人が多くなったのではないか。
高いコーヒーがおいしい、という訳でもなく、
高いコーヒーが、きちんと生産者に還元している、という訳でもない。

おいしいコーヒーの真実公式サイト

内容紹介
トールサイズのコーヒー1杯330円。 コーヒー農家が手にする金額、約3円。 あなたが飲む1杯のコーヒーから世界のしくみが見えてくる。 コーヒーは世界で最も日常的な飲物。全世界での1日あたりの消費量は約20億杯にもなる。世界市場において、石油に次ぐ巨大な国際的貿易商品でありながら、コーヒー生産者は困窮し破産せざるを得ない現実。 一体なぜ?? コーヒー産業の実態を暴きながら、貧困に苦しむコーヒー農家の人々を救おうとする一人の男の戦いを追う。 生産者、企業、消費者。コーヒーが飲まれるまでの道のりに、深いドラマがある。1杯のコーヒーを通して、地球の裏側の人々の生活と世界の現実を、あなたは深く知ることになるだろう。 【特典映像】 ●予告編集 ●フェアトレードを知るために ・北澤肯(フェアトレード リソース センター) ・アンドレス・フェリペ・オスピナ(FALCOM(ファルコム)) ・鈴木隆二(ぐらするーつ)


これをみた後だと、コーヒーチェーンのサービスや、あの味が、
なんだかとても無駄に思えてくる。
(どのコーヒーショップのコーヒーも数年前から非常に質が落ちていると思ってる)
見終わって自分にできることは何か?
と思ったのだけど、
フェアトレード商品を購入するぐらいしか思いつかない。
コーヒーだけではなく、紅茶とか、チョコレートもそうなんだろうけど。
しかし、ここでいつも思うことがある。
フードマイル
フェアトレード商品は購入したい、
でも、フードマイルは減らしたい…。

やっぱり企業そのものが元々フェアトレードしていればいいんじゃないか?
と思う。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。