So-net無料ブログ作成
検索選択
本、アート、音楽、映画、お笑い、CMなどなどで
感じたことをまとめておきたいなぁと思い、備忘録として綴っています。
ブログについて&お願い(クリックで該当記事が別ウィンドウで表記)
および、作品を大切にしましょう(クリックで該当記事が別ウィンドウで表記)
とあわせてご覧頂ければと思います。
作品にラヴ[揺れるハート]なので!!!
ステキな作品に出逢えますように[揺れるハート]

☆写真、ロゴの多くは商品ページ、公式サイトへリンクしてます。
本は、目次(作品名50音順&著者名50音順)を作りました。
著者名50音順→☆コチラ/ 作品名50音順→☆コチラ

いのちの食べかた【映画】 [映画]

いのちの食べかた [DVD]いのちの食べかた [DVD]
監督:ニコラウス・ゲイハルター
販売元:紀伊國屋書店
原題『Unser täglich Brot』(ドイツ語)
英語題『OUR DAILY BREAD』
邦題『いのちの食べかた』は
森達也さんの本『いのちの食べかた』からつけたそう。



内容紹介
「いただきます」って、だれに言いますか?
「食」の不安は、「食」を知ることでしか解決できない!
きっと、誰かに教えたくなる。食べ物があなたの食卓に並ぶまでの、驚くべき旅。
私たち日本人が1年間に食べるお肉(牛・豚・鳥)は約300万トン。だれもが毎日のように食べている膨大な量のお肉。でも、そもそもお肉になる家畜は、どこで生まれ、どのように育てられ、どうやってパックに詰められてお店に並ぶのだろう? 本作は、そんな私たちの生とは切り離せない「食物」を産み出している現場の数々を描いたドキュメンタリー。世界中の人の食を担うため、野菜や果物だけでなく、家畜や魚でさえも大規模な機械化によって生産・管理せざるをえない現代社会の実情。ピッチングマシンのような機械で運ばれるヒヨコの群れ、わずか数秒で解体される魚、巨大なマジックハンドで揺すぶり落とされる木の実、自動車工場のように無駄なく解体される牛…etc。まさに唖然とするような光景の連続。その生産性の高さと、時に絵画のごとく美しい撮影に驚愕しつつも、改めて私たちが生きていることの意味が問い直される!
特典:映画『いのちの食べかた』ガイド(玉村豊男、福岡伸一等 豪華執筆陣によるオフィシャルブック)


ナレーションも字幕もBGMもなく、
淡々と生き物が食べ物になっていく過程が映し出される。
非常にニュートラルな視点の作品だと思う。
何が悪い、良い、というのではなく、
私たちが見ようとしていないけれど非常に身近な事実が描き出されている。
日本では屠殺に関わることが差別的な扱いを受けてきた歴史があるので
ここまでニュートラルな映像を撮ることは難しいかと思う。

無駄のない計算し尽くされたその様子、
大きなヘッドフォンをしてシステマチックに仕事をこなす人々の
鮮やかな手さばきを美しくも感じる。

本当に、淡々としている。
こんなに効率よく物事をこなしてしまう人間、
こなすようなシステムを作れてしまう人間に感心してしまう。
屠殺のシーンはグロテスクではある。
私たちはそういう惨いことをしてまでも生きている。
そういうことをよく考えもしないで食べている。


牛を発情させて、人口膣をあてがい精液を搾取し、
顕微鏡で精液をチェックしているのは、
なんだか複雑な思いだった。
健康で、栄養価に富み、味も良い“良質”なものを、
安定して消費者に届ける、
ということは酪農に携わる方々の努力の賜物であろうと思う。
そして消費者もそれを望む。
しかし、不自然に思えてしまう。
人間はいつから食べものを工場で生産するようになたのだろうか。
DVD付属:オフィシャルブック内、コラム1 P.22

という玉村豊男さんの表現に納得。

英語タイトル『Our Daily Bread』を解説などでは
“私たちの日々の糧”と訳しているけど、
『The Load's Prayer(主の祈り)』の一説だろうと想像したので
“我らの日用の糧”の方がしっくりくる。
まあ、おんなじ意味なんだけど、
幼稚園で毎朝『主の祈り』を唱えていたから、
日用の糧、の方が自分にはなじみ深いのかもしれない
(自分はキリスト教徒ではないけど…)
同じテーマの森さんの著作『いのちの食べ方』をタイトルにしたのは、
『日々の糧』だとピンと来ないから、でしょうね。
このタイトルはこのタイトルでいいと思うけど、
システマチックで、無機質な本作の感じを考えると
『日用の糧』でも良かったと思う。
(日々の糧、だとちょっと違う気がしてしまう)

主の祈りでは、
我らの日用の糧を今日我らに与え給え
Give us today our daily bread.

のあとに
我らが人に許す如く我らの罪を許し給え
Forgive us our sins as we forgive those who sin against us.

と続く。
日本語訳は私が記憶している主の祈りの一説。派によって他の文言になっていることもある

中村麗(なかむらうらら)さんが、
タイトルがキリスト教に基づいたものであると言及し、
キリスト教徒でない者も、
「神様、私たちの罪をどうぞお許し下さい」と思わずつぶやかざるを得ないような心情を自然と沸き起こさせる映画である。
DVD付属:オフィシャルブック内、REPRINT(転載記事)2
P.38(暮らしの手帖2008年4-5月号より転載)より

と言っているように人間の罪深さを感じる。

私たちは毎日毎日たくさんの命をいただいて生きている。
たくさんの命に生かされている。
たくさんの命を殺している。
それを私たちは忘れがちだ。

だから毎食感謝をこめていうのだ、
いただきます、と。

食べ方の作法はどうでもいい。
見つめよう、そして知ろう。
自分たちの業(ごう)と命の大切さ、
そして切なさを。
森達也(映画予告内のテロップ)

口に入れる食べ物が人間の舌を頼りに選別されるのではなく、「賞味期限切れ」というレッテルだけでいとも簡単にゴミ箱に捨てられる大量の食品たちを見ると、人間の五感がまたひとつ退化してゆくような危機感を持ってしまう。
REPRINT(転載記事)2 中村麗 P.38(暮らしの手帖2008年4-5月号より転載)


オフィシャルブックのVOICE(観客の感想)に、すごい感想があった。
気持ちが悪い、とは思いませんでした。確かに牛とか豚とかが切り開かれたり解体されたりしていましたが、それを「気持ち悪い」から観ない、というのはかなり自分勝手だと思います。確かにさっき食べた豚肉がこうやって作られているのかと思うと、食べることをためらってしまいそうですが、そうなっては彼等が人間のために死んでいった意味がなくなってしまいます。だから僕は食べます。感謝をして、おいしく食べます。彼らの命を。(中学3年生)

映画『いのちの食べかた』公式サイト
http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。