So-net無料ブログ作成
本、アート、音楽、映画、お笑い、CMなどなどで
感じたことをまとめておきたいなぁと思い、備忘録として綴っています。
ブログについて&お願い(クリックで該当記事が別ウィンドウで表記)
および、作品を大切にしましょう(クリックで該当記事が別ウィンドウで表記)
とあわせてご覧頂ければと思います。
作品にラヴ[揺れるハート]なので!!!
ステキな作品に出逢えますように[揺れるハート]

☆写真、ロゴの多くは商品ページ、公式サイトへリンクしてます。
本は、目次(作品名50音順&著者名50音順)を作りました。
著者名50音順→☆コチラ/ 作品名50音順→☆コチラ

夕凪の街 桜の国 [マンガ・アニメ]

夕凪の街桜の国Town of Evening Calm, Country of Cherry Blossoms(左:和書/Left:Japanese)
夕凪の街 桜の国
作者: こうの 史代 出版社: 双葉社
(右:英訳/Right:English)
Town of Evening Calm, Country of Cherry Blossoms
Author: Fumiyo Kouno Publisher: Last Gasp of San Francisco


出版社/著者からの内容紹介 昭和30年、灼熱の閃光が放たれた時から10年。ヒロシマを舞台に、一人の女性の小さな魂が大きく揺れる。最もか弱き者たちにとって、戦争とは何だったのか……、原爆とは何だったのか……。漫画アクション掲載時に大反響を呼んだ気鋭、こうの史代が描く渾身の問題作。

秀逸。

多くの人に読んでほしい。

数ページなのに、ものすごい量のメッセージが入っている。
“戦争反対!”と声高に強いメッセージを掲げているのでもなく、
ダイレクトに恐ろしさ、惨さに打ちのめされるようなものでもない。
じわりじわり、だけど強く戦争の恐ろしさを伝えている。
生命感があり、希望もあり、ユーモアもある。だからこそ悲しい。

この作品をうまいこと紹介する言葉が見当たらない。
どれも取りこぼせない。

どうして生きていることを“生き延びてしまった”
と思ってしまわなければいけないのか。
喜ぶべきことをどうして恥じて、悔やんで、
責めて生きていかなければならないのか。

数カ国で翻訳されているようですが、
核保有国の人々には特に読んでいただきたい。
今なお、心も身体も苦しめられている人々がいる。
原爆だけでなく、戦争とは愚かなもの。
いらないもの。
そんなものに捧げるエネルギーはHappyのために捧げたい。

I'll write down how I feel in English some time soon,
'cause I want lots of people to read this book
and to look back ourselves what we did, do and are going to do.
so come again, please
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 1

ozumi

この作品、読みました!山口県岩国市生まれで、
広島方面にも親戚がいる私にとって、原爆は小さなころから
どこかにあるものでした。
思想的なものでなく、ひとりの人間がふつうに生きて、
ふつうに死んでいく間で起こった出来事。
それだけに、メッセージ性が高く伝わります。
多くを語らない中で、それぞれが封じ込めてきたことが
込められているのかと。
今回の震災、原発被害で本当に現実にあるのは、
このようなことなのかなと、思い出しました。
by ozumi (2011-06-19 23:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。